ブログ

STAFF BLOG

最近の痛ましい交通事故から考える…

2019.06.04 / 保険のこと 日々のこと

こんにちは!事務を担当しています川﨑です。

ここ最近痛ましい交通事故のニュースが多いですね。その様なニュースを見る度に、自分の運転は大丈夫かと振り返ります。交通規則を守り、安全運転をするのはもちろんですが、私は日頃から特に気を付けていることがあります。

 

昔、損害保険会社に勤務して自動車事故の対応をしていた経験からなのですが、一つ目は車間距離を十分にとることです。

追突事故は意外と多いのですよ。よほど特別なケースを除いて、後ろから追突すれば(100):0になります。前の車が急ブレーキを踏んだとしてもです。車間距離不足ですねと保険会社に言われてしまいます。

 

前方不注意で起こることがほとんどですが、車間距離を十分にとっていれば

少しは避けられる余裕ができるのではないかと思っています。

二つ目に気を付けていることは、一旦停止の標識のある交差点では、停止線の

直前できっちり停止することです。交差点での出合頭での事故は本当に多いですよね。停止線を越えてから車を止め、もしくはスピードを落としながら左右を確認する車をよく見かけます。確かに停止線の手前で止まっても、左右から車がきているかどうか見えずらいですが、それでは停止したことにはなりません。

道路交通法では、一時停止とは停止線の直前で車を完全に止めて…となっています。完全に止めてとは、車輪を止めるということです。そうして交差点に進入したほうが、より安全に確認ができ出合頭で衝突の事故が防げると思い、私は実行しています。

 

慣れというのは怖いもので、自分なりのルールにのっとって運転し始めると

違反していることが多くなります。自分や他人を危険にさらさないためにも

自分の運転を見直して、安全運転を心掛けたいものです。